いろいろな障害

PC前に座る男性

HDDに何かしらの障害が発生して、内部に保存したデータが取り出せなくなることがあります。 ひとつは、間違えてデータを消去してしまったり、HDD自体をフォーマットした場合などがあります。これは、論理的な障害といって、HDDのハード自体は問題なく、OSを介した操作を間違えて記録が取り出せなくなった状態をいいます。 もうひとつは、HDDに衝撃を与えたり、液体などがかかったりして、HDD自体が故障していて、記録が取り出せない場合です。これは、物理的障害と言っていますが、論理的障害よりは、データ修復するのが面倒になります。 HDDの論理的障害で記録が取り出せない時には、ソフト的に復旧することが可能な場合が多く、多少の知識のある人でしたら、自分自身でデータ修復できます。

HDDの論理的障害は、個人でも対応できる場合もありますが、貴重なデータとなれば慎重に扱いたくなります。そこで、専門のデータ修復業者に依頼するのが賢明ですが、費用がどのくらいかかるのかが気になります。これは、業者によって違いはあるものの、一般的には、1万円から数万円でデータ修復ができます。 一方で、物理的障害の場合には、余程経験のある人でないと個人でデータ修復をするのは難しく、自分で修理したためにHDDの状態を悪化させてしまうこともあります。 この場合は、経験のある専門業者に頼るのが賢明ですが、データ修復の難易度が論理的な障害の時より高くなりますので、費用もそれなりに高額になります。一般的には、安くても5万円前後、難易度が高い場合には10万円かそれ以上になることもあります。